Japanese art directly from Monaco
モナコ直送の日本美術

The auction house Hermitage Fine Art in Monte Carlo will host new public sales at the Hotel Metropole on 7 and 8 of July 2020. The collections will feature Russian Art, Fine Art and Objects of Vertu, and Autographs, Manuscripts, Rare Books and Photographs. Interested bidders will be able to participate via livestreaming. Bidders will be able to participate through online platforms, by telephone or in person (by pre-registration). The sales are scheduled at:
モンテカルロのオークションハウス、エルミタージュファインアートは、2020年7月7日と8日に、ホテルメトロポールで新しい一般販売を開催します。このコレクションには以下が含まれます:ロシア美術(7月7日、中央ヨーロッパ時間(以下CET)午後2時);ファインアートとヴェルトゥのオブジェ(7月8日、CET午後2時);直筆、写本、貴重書と写真(7月8日、CET午後5時)。興味のある入札者は、ライブストリーミングを介して参加することができます。
Tuesday, 2020 July 7
14:00 CET - Russian Art
Wednesday, 2020 July 8

Worthy of attention for Japanese collectors is lot 709 from the Manuscript auction: a typed letter with manuscript P.S and signature by Matsukata Kōjirō (1866-1950), the most important Japanese private collector of French art of the late 19th-20th century. This lot includes also a handwritten invoice regarding the purchase of 13 works of art from the Durand Ruel Gallery in New York (Paris, dated 27/11/1921).

日本のコレクターにとって注目に値するのは、原稿オークションのロット709です。19世紀後半から20世紀にフランス美術の最も重要な日本人の個人収集家、松方幸次郎(1866-1950)による原稿追記と署名付きのタイプされた手紙が提示されます。このロットには、ニューヨークのデュランリュエルギャラリー(パリ、1921年11月27日日付)からの芸術作品13点購入に関する手書きの請求書も含まれています。
Kojiro Matsukata was the first president of the Kawasaki Dockyard Co. and the founder of the Matsukata Collection at the National Museum of Western Art of Tokyo. His artworks collection started during World War I, when he travelled around Europe acquiring paintings, sculptures, furniture and more from various art galleries, reaching an amount of about 10,000 works. Following the collapse of Kawasaki Dockyard’s major bank, he resigned as president and was forced to dispose of his own property to sustain his company: the artworks he held in Japan were dispersed in several auctions. Of those he had left in Europe, some were destroyed by a fire in London and some sequestrated in Paris during World War II as enemy property, and they came to possession of the French government. In 1959, France returned many of them to the Japanese government as a sign of the renewed harmony between the two nations. These artworks can now be found at the National Museum of Western Art.
松方幸次郎は、川崎造船所の初代社長であり、東京にある国立西洋美術館の松方コレクションの創設者でもありました。彼の芸術作品コレクションは、第一次世界大戦中にヨーロッパを旅し、様々なアートギャラリーから絵画、彫刻、家具などを購入した時に始まり、約一万点にのぼります。川崎造船所の大手銀行が崩壊した後、彼は社長を辞任し、会社を維持するために自分の財産を処分することが余儀なくされました。彼が所持した芸術作品はいくつかのオークションに分散されました。彼がヨーロッパに残したもののうち、いくつかはロンドンの火事より破壊され、いくつかは第二次世界大戦中にパリで敵の財産として隔離され、後にフランス政府の所有となりました。1959年、フランス政府は日仏両国の新たな調和を示すものとして、その多くを日本政府に返還しました。これらの作品は現在、国立西洋美術館でご覧になれます。
Another Japanese presence in the Monte Carlo Fine Art auction is lot 509: Fillette à l’oiseau, by Tsuguharu Foujita (1886-1968), an artist who combined traditional Japanese techniques and perspectives with the ideas of the European avantgarde. This lot of interesting provenance comes from the collection of the famous violinist Lord Yehudi Menuhin (1916-1999) and has a value of € 200,000 – 250,000.

モンテカルロファインアートオークションでのもう一つの日本参列はロット509、藤田嗣治(1886-1968)の「フィレットアロワゾー」です。彼は日本の伝統的な技法と視点をヨーロッパのアバンギャルドのアイデアと組み合わせたアーティストでありました。この興味深い出所のロットは、有名なバイオリニスト、イェフディ・メニューイン卿(1916-1999)のコレクションに由来し、20万から25万ユーロの価値があります。原稿オークションではまた、2006年にワールドファンタジーアワードを受賞した小説、村上春樹の「海辺のカフカ」限定署名版の英訳(ロット734)も提示されます。

The Manuscripts auction will also present an English translation of a limited signed edition of Haruki Murakami’s Kafka on the shore, a novel that received the World Fantasy Award in 2006 (lot 734).

原稿オークションではまた、2006 年にワールドファンタジーアワ ードを受賞した小説、村上春樹の「海辺のカフカ」限定署名版の 英訳(ロット 734)も提示されます。
Beside this interesting variety of Japanese heritage, the upcoming auctions will present some other incredible top lots, like La Butte Pinson à Montmagny, by French painter Maurice Utrillo (1883-1955). Originally from Montmartre, this artist spent most of his life in Montmagny, and this painting (lot 510) depicts his house, la Butte Pinson. The piece was painted during the transition to his esteemed “white period” a lingering influence of Impressionism. An extremely talented artist, Utrillo is celebrated for his cityscapes and landscapes characterised by naiveté and ingeniousness. Some of his works were exposed at the 1909’s Salon d’Automne.
今回のオークションでは、この興味深い日本遺産の他にも、いくつかの素晴らしいロットが参列されます。例えば、フランスの画家モーリス・ユトリロ(1883-1955)による「モンマニーのビュートピンソン」も提示されます。モンマルトル出身のこのアーティストは、生涯のほとんどをモンマニーで過ごしました。この絵(ロット510)は、彼の家、ビュートピンソンを描いています。彼が尊敬した「白い時代」への移行の間に、印象派の影響が長引いているこの作品が描かれました。ユトリロは、非常に才能のあるアーティストであり、ナイーブさと独創性が特徴の街並みと風景を描くのが有名です。彼の作品の一部は、1909年のサロンドゥオートムで公開されました。
For catalogues and further information
visit the website:
hermitagefineart.com/en/

Contact information:
info@hermitagefineart.com | +377 9 777 39 80

カタログ及び詳細については、次のウェブサイトにアクセスしてください。
hermitahermitagefineart.com/en/

連絡先:
info@hermitagefineart.com | +377 9 777 39 80
Written by Elisa Passaretti.
Do not miss the latest news on our initiatives and our auctions
|
© 2017-2021 Hermitage Fine Art
CONTACT
Hermitage Fine Art

CALL US +377 9 777 39 80

EMAIL info@hermitagefineart.com

OFFICE Le Park Palace, Avenue de la Costa, 98000, Monaco